逆に販促品を配る側になった時

本日は年末掃除と販促品と言うお題でお話をさせていただきます。一年のうちで年間に数回ある展示会の中で沢山の販促品をもらい、実際いつも机の上にあるものってどの位ありますでしょうか?

恐らくこの事にランキングをつけるのであれば1番は卓上カレンダーではないでしょうか?適度な大きさと書き込みスペースが使いやすい物であればずっと使おうと思いますよね。そして2番はマグカップでしょうか。これも毎日使う物なので定番です。でもそれ以外の物は殆どが引き出しの中や展示会の荷物と一緒に倉庫行きとなってしまうのではないでしょうか。先日年末の大掃除をしていたら沢山の販促品が出てきました。内容としてはクリアファイル、布袋、団扇、マウスバットなどです。販促品はエスピィで購入するとお得なポイントがもらえる

もらった時は便利そうなので使おうとしてもらったのですが、年末の大掃除の時に出てきて、最悪の場合ゴミ箱行きとなってしまう物もあります。そう考えると逆に販促品を配る側になった時、この様な物は販促品としては適していないと言う事になりますね。販促品と言うのはせっかく会社のお金を使って購入をし、企業ブランド紹介の為に配る物ですのでやはりいつまでもずっと使ってもらえる物が良いですよね。ですのでユーザーの心理を考えて年末の大掃除からゴミ箱行きにならない様に気を付けましょう。